こどもによく見られるとびひの症状・原因、治療法と早く治すコツ

とびひは細菌が皮膚に感染して発症する子どもによく見られる病気です。
この記事では、とびひの症状・原因から、ご家庭でできる治療法を解説していきます。

とびひってどんな病気なの?

「とびひ」とは、正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼ばれる皮膚疾患の1種です。
うつりやすい膿をもった発疹が特徴です。

とびひの症状

皮膚が赤く腫れ、水ぶくれ(水疱)や膿痂疹(のうかしん)を形成します。
※膿痂疹=じゅくじゅくした状態

とびひの原因

すり傷、虫刺され、湿疹、汗疹(あせも)などでかきむしったりすることで皮膚にできた浅い傷に、細菌(黄色ブドウ球菌やレンサ球菌など)が入ることが原因です。

通常、とびひの原因となる細菌は健康な皮膚には感染しませんが、皮膚の抵抗力が弱っていると感染しやすくなります。

とびひは全身にうつるの?人に感染するの?

とびひの水ぶくれ(水疱)やじゅくじゅくした状態(膿痂疹)の中には、バイ菌が入っています。

この液がしみ出たり、破れたりして周りの皮膚の傷が付いた部分に触れると、新しい水ぶくれや膿痂疹(のうかしん)ができます。

とびひの患部をかいた手で他の場所に触れると、同じような発疹があっという間に全身に広がってしまいます。
同じように他の人にも感染してしまうので、注意が必要です。

とびひによって起こる他の病気

とびひの原因菌である黄色ブドウ球菌やレンサ球菌により、他の病気を発症することがまれにあります。
代表例としては、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(別名SSSS:フォーエス)という病気です。

「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」は、黄色ブドウ球菌というバイ菌が作り出す毒素が血液の中に入ることで起こります。
高熱を出し、皮膚がやけどのように真っ赤に腫れて、水ぶくれのようになります。

そして、触っただけで皮膚がはがれてしまい、非常に痛がります。
多くは入院して治療が必要です。

「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群」は、とびひの治療を適切に行い、薬で菌をしっかりと退治しておくことで予防することができます。

とびひの治療薬は?早く治す方法ってあるの?

とびひの治療法は、症状がどの程度広がっているかによって変わります。

症状が軽い場合は塗り薬

症状が軽く、全身にあまり広がっていない時は、抗菌薬の入った塗り薬を10日~14日間ほど使用します。

全身に広がっている場合

とびひが全身に広がっている場合は、塗り薬に加えて、抗生剤(抗生物質)の内服を5~7日間行います。

治療を開始して2~3日目に、治療が適切であるかの効果判定を行います。
改善が悪い場合は、皮膚の細菌培養の検査をして抗生剤の変更します。

また、かゆみがひどい時には、痒み止めの薬(抗ヒスタミン薬)を使うこともあります。

ご家庭でできる!とびひを早く治すコツ

菌を洗い流し、皮膚を清潔に保ち、新たに発疹ができないようにすることが、治りを早くするコツです。

  • お風呂はシャワーにし、石鹸をよく泡だてて患部をやさしく洗う
  • 家族にうつらないよう、タオルや衣服は共用しない
  • 皮膚をかいても傷ができにくいよう、普段から爪を短く切る

アトピー性皮膚炎を持っているお子さんは、もともと皮膚に傷が多くバリア機能が低下しているため、「とびひ」になりやすい傾向があります。
アトピー性皮膚炎の皮膚の治療を適切に行い、皮膚の状態を良くしておくことで、「とびひ」になる確率も低下します。

また、気温が高くなる夏場は、虫刺されをかきむしったところから「とびひ」を発症することがあります。
かきむしらないように皮膚を保護したり、かゆみ止めを使ったりすることもとびひ予防には重要です。

とびひになったら登園、登校はできる?

患部をしっかりガーゼや包帯などで覆って、他人と接触しないようにすれば、基本的に登園・登校することは可能です。
しかし、保育園または幼稚園、学校によっては独自ルールがある場合がございますので、その指示に従ってください。

ただし、プールはとびひがすべてかさぶたになるまでは禁止です。

予防と広がらないうちに治すことが大切

今回解説してきたことを頭に入れ、適切な治療、そして予防をすることでとびひの拡大を防ぎ、治療することができます。
そして、しっかりと医療機関を受診し、皮膚の状態を評価し、適切な治療を受けることをおすすめします。