RSウイルス感染症ってどんな病気なの?

【RSウイルス感染症の正しい知識】症状や治療法まで全解説!のサムネイル画像

RSウイルスは正式には、respiratory syncytial virus(レスピラトリーシンシチアルウイルス:RSウイルス)と言い、感染すると年齢を問わず、風邪などの症状を引き起こすウイルスです。新生児、乳幼児期(特に1歳未満)において非常に重篤な症状を引き起こすことがあるため、注意が必要なウイルスの一つです。出生体重が軽く、小さく生まれたお子さんや、心臓や肺に基礎疾患があったり、免疫不全のある場合には重症化のリスクが高いことが知られています。
2歳以上のお子さんは、RSウイルスに感染しても軽い「鼻風邪」で終わることが多いですが、1歳未満、特に6か月未満のお子さんは重症化することがありますので注意が必要です。

保育園でRSウイルスが流行っているときには、お子さんも感染しているのではないかと心配になりますよね。そのような時は、まずは、RSウイルスに感染して重症化するリスクのある年齢かどうかを判断する必要があります。1歳を越えていれば多くの場合には重症化するリスクは低減していきます。

また、RSウイルスは、ほとんどの方が感染するごく一般的なウイルスです。実は、1歳になるまでに50~70%の方が、2歳までにほぼ全員が1回は感染します。そして何回も感染するのが特徴です。どこにでもいる風邪のウイルスですので大人でも何回も感染しますが、年長児や大人に感染した場合は、鼻の症状だけに留まります。

RSウイルス感染症になるとどんな症状が出るの?

RSウイルス感染症は晩秋~冬~早春にかけて流行しますが、年によって流行の時期や程度は異なります。
それでは、RSウイルス感染症にかかるとどんな症状が出るのでしょうか。

RSウイルス感染症にかかると、いわゆる風邪の症状が現れます。他の患者の咳や鼻水を浴びたり触ったりすることで感染し、4~5日の潜伏期間を経て、咳、鼻水、発熱などが症状として現れます。発症前4~5日(潜伏期間中)から発症後10〜14日間ウイルスを排出しますが、時に1か月程度排出することもあります。

注意しなければいけない症状としては、息を吐くときに「ヒュー、ヒュー」「ゼー、ゼー」と音がする場合(これを喘鳴:ぜんめいといいます)、顔色や唇の色が悪い場合、胸がペコペコとへこむような呼吸をする場合、呼吸が速く呼吸の回数が極端に増えている場合です。このような場合には、RSウイルスによって引き起こされる重症な疾患である、肺炎、気管支炎、細気管支炎などを発症している可能性があります。

肺炎、気管支炎、細気管支炎を発症した時には、場合によっては酸素投与、点滴などの処置が必要であり、入院し経過観察が必要な場合もありますので、ご注意ください。
生後3か月未満の赤ちゃんでは、典型的な症状が出ない場合もあり、哺乳不良、活気不良、無呼吸発作、チアノーゼ(皮膚の色が紫色になる状態)などの症状を認めることもあります。無呼吸発作は命にかかわる重篤な症状ですので、細心の注意が必要な症状です。

RSウイルス感染症の検査方法は?

RSウイルス感染症は、鼻粘膜のぬぐい液を使用して15分程度で迅速診断が可能です。迅速診断では鼻の穴に細い綿棒を入れて検査します。しかし、RSウイルスの検査は、RSウイルス感染症が疑われる全ての患者さんに行う必要のある検査ではありません。

なぜならば、RSウイルスと分かったとしても、多くの場合、治療法は変わらないからです。もっと詳しく言うと、RSウイルスをやっつけるような特効薬はありません。出ている症状に対してのみ治療をするため、RSウイルスかどうかを特定する必要性は、ないことも多いのです。

ただし、生後1~2か月の赤ちゃんでRSウイルス感染症が疑われる場合、経過中に無呼吸発作などの重篤な症状を呈する危険があるため、重症化する経過を予想して、入院が必要かどうかを判断するために積極的に検査を行います。

また、その他入院が必要な程度の症状を呈す場合も検査を行うことも多いのが現実です。

一方で、1歳以上のお子さんに関しては重症化のリスクは低く、下記の通り特別な治療法もないことから、外来で治療を継続する時には、治療方針を決定する上で、RSウイルス迅速診断でRSウイルス感染を特定する必要性が低い場合が多く、重症な症状が出現していないかを見守っていく事がとても重要になります。

RSウイルス感染症の治療方法は?

【RSウイルス感染症の正しい知識】症状や治療法まで全解説!のサムネイル画像

RSウイルス自体に効果のある抗ウイルス薬(RSウイルスをやっつける特効薬)はありません。

RSウイルスに感染した後の治療は、症状に合わせて対症療法を行うのが基本です。
去痰薬、解熱薬、薬物療法ではないものとして、痰を出しやすくする体位を取らせたり、痰の吸引を行います。
自分の免疫の力で良くなるように体力の回復を助けるために薬を内服したり、吸引などの処置で呼吸状態を改善してあげることが必要です。

現在、重症化のリスクの高いお子さんに対しては、重症化の抑制薬(抗RSウイルスモノクローナル抗体:商品名シナジス)を予防として投与することが認められています。
対象となっているのは、RSウイルス感染流行初期において
・在胎期間28週以下の早産で、12ヵ月齢以下の新生児および乳児
・在胎期間29週~35週の早産で、6ヵ月齢以下の新生児および乳児
・過去6ヵ月以内に気管支肺異形成症(BPD)の治療を受けた24ヵ月齢以下の新生児、乳児および幼児
・24ヵ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患(CHD)の新生児、乳児および幼児
・24 ヵ月齢以下の免疫不全を伴う新生児、乳児および幼児
・24 ヵ月齢以下のダウン症候群の新生児、乳児および幼児
となっています。

すべてのお子さんに適応になっているわけではなく、RSウイルスに感染すると重症化しやすいお子さんを対象に保険適応になっています。

また、あくまで基本的な予防は、風邪と同様で、手洗いや、マスク着用になります。

まずは年齢と重症化するリスクがあるかを把握することが重要!

保育園、幼稚園でRSウイルスが流行っていても、お子さんの年齢や重症化するリスクがあるのかどうかをしっかりと把握してください。

RSウイルスに感染しても、多くの場合には、慌てる必要はありません。
RSウイルスはどこにでもいる一般的なウイルスです。

お子さんが重症化するような年齢(1歳未満:特に生後6か月未満)なのか、重症化するリスク(心臓や肺に疾患がある、早産、小さく生まれた)がある場合には、細心の注意が必要ですので、そのリスクがあるかを理解し、慌てずに医療機関を受診しましょう。

関連する記事

【インフルエンザの正しい知識】症状や潜伏期間まで全解説!のサムネイル画像

【インフルエンザの正しい知識】症状や潜伏期間まで全解説!

インフルエンザは必ず薬を飲まなければ治らないという病気ではありません。自然と自分の免疫の力で治ることも多い病…

白岡 亮平

【ヘルパンギーナ・手足口病の正しい知識】原因から症状まで全解説!のサムネイル画像

【ヘルパンギーナ・手足口病の正しい知識】原因から症状まで全解説!

ヘルパンギーナは、熱と口の粘膜にあらわれる小さな水ぶくれを伴う発疹、それに伴う痛みを特徴で夏に流行する特徴が…

白岡 亮平

【ウイルス性胃腸炎の正しい知識】原因や症状、治療法まで全解説!のサムネイル画像

【ウイルス性胃腸炎の正しい知識】原因や症状、治療法まで全解説!

お腹の風邪と言われるウイルス性胃腸炎。「見えない原因」が不安になり、ウイルスの特定をしたくなる人がいます。で…

白岡 亮平

【インフルエンザの正しい知識】ウイルスの型と今年のワクチン株を全解説!のサムネイル画像

【インフルエンザの正しい知識】ウイルスの型と今年のワクチン株を全解説!

夏が終わり10月に入ると、インフルエンザワクチン接種の時期に入ります。ネット上にいろいろと情報が氾濫していま…

白岡 亮平

【溶連菌の正しい知識】症状やその原因、潜伏期間まで全解説!のサムネイル画像

【溶連菌の正しい知識】症状やその原因、潜伏期間まで全解説!

幼稚園や保育園、学校などの子どもの集団生活の場で流行りやすい病気の一つである「溶連菌(ようれんきん)」感染症…

白岡 亮平

関連するキーワード

白岡 亮平

キャップスクリニック 総院長
小児科専門医

アクセスランキング

昨日の「感染症」に関する記事ランキング

新着一覧

最近公開された記事