中耳炎ってどんな病気?

【急性中耳炎の正しい知識】症状や治療法、予防方法まで全解説!のサムネイル画像

急性中耳炎とは、耳の奥にあり鼻や口へとつながる「中耳(ちゅうじ)」という部分にバイ菌やウイルスが入りこみ、「炎症(えんしょう)」が起きたり、「膿(うみ)」がたまる病気です。耳と鼻や喉をつないでいる管を「耳管(じかん)」と言い、そこを通ってバイ菌やウイルスが耳に入ると、耳に炎症が起きます。風邪をひいたときには、のどや鼻にウイルスやバイ菌がくっついていて、それらが「耳管」を通って耳の奥に入りこみ、炎症を起こすと「中耳炎」が起こります。

特にこどもの場合、「耳管」が太く短いうえに、耳とのどまでの耳管の傾斜がゆるやかななため、バイ菌やウイルスが耳に侵入しやすい特徴があります。また、全身の抵抗力やのど、鼻の粘膜の抵抗力が未熟なため風邪をひきやすく、その結果、中耳炎にもなりやすいのです。小学校の入学までに、約60〜70%のこどもが一度は急性中耳炎にかかるといわれています。

中耳炎になった時どんな症状が出るの?診断方法は?

急性中耳炎になるとズキズキするはげしい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏:じろう)、耳がつまった感じなどの症状が出現します。乳児などは痛みを訴えられないため、機嫌が悪くなってぐずったり、泣き止まなくなったり、しきりに耳を気にして触ったりする動作が多くなることがあります。

急性中耳炎の診断は、症状、耳の中にある「鼓膜」の様子から判断します。「中耳炎かな?」と思ったら、まずは、小児科または、耳鼻科を受診しましょう。
そこで、耳鏡(じきょう)という鼓膜(こまく)を観察する道具を使って、耳の中の様子を観察すると診断できます。

中耳炎にはどんな治療法があるの?

【急性中耳炎の正しい知識】症状や治療法、予防方法まで全解説!のサムネイル画像

軽症の場合はまず、鎮痛剤だけで様子をみて大丈夫です。中耳炎というとすぐに抗生剤を飲まないといけないと思われがちですが、日本耳鼻科学会が出している中耳炎治療のガイドラインを見ると、軽症の症例には、抗生剤は必要なく、鎮痛剤だけで様子を見ることが推奨されています。
3日間程度たった時点で痛みが消失しない又は、鼓膜の状態が悪化している場合などは、抗生物質を使用するケースもあります。「膿(うみ)」がたまって鼓膜が腫れている、痛みが強い、熱が高いときは鼓膜を少しだけ切って、たまっている膿を出すと早く治ります。この処置は主に耳鼻科で行います。急性中耳炎を何回もくり返す場合(反復性中耳炎といいます)には、何回も鼓膜切開が行われることもあります。鼓膜は切っても傷は通常数日でふさがります。

重症度に合わせた治療方法をご紹介!

中耳炎の重症度は、年齢、症状、鼓膜の状態などで点数をつけて、軽症、中等症、重症に分け、それぞれの重症度に合わせて治療を行います。

日本耳科学会、日本小児耳鼻咽喉科学会による小児急性中耳炎診療ガイドライン2013年版をもとに、重症度に応じて推奨されている治療法をご紹介します。

【軽症例】
軽症の場合には、ほとんどは抗菌薬を使用せずに治癒します。3日間は抗生剤を使用せず、鎮痛薬で対処をします。それでも、痛みが改善しない場合には、サワシリン、ワイドシリン、パセトシンなどの抗生剤の通常量を内服します。

【中等症例】
まずはサワシリン、ワイドシリン、パセトシンとよばれる抗生剤を通常よりも多い量で、3日間使用します。その後症状が改善しているかどうかを観察し、次の治療法を選択します。

効果がない場合には抗生剤を変更するか、鼓膜を切開することも考慮します。抗生剤を変更する場合には、菌の培養検査(どんな菌が悪さをしているかを事前に検査をしておくことがあります)の結果をみて、抗生剤が効きにくいバイ菌に効く抗生剤に変更し内服します。

その後も効果がない場合には再度、抗生剤を変更したり、鼓膜切開をしたりして、経過を見ていきます。

【重症例】
重症例の場合には、初めから鼓膜切開を行うとともに、抗生剤の治療を行います。その後、症状を観察し、バイ菌の抗生剤に対する感受性を考慮して、抗生剤を変更したり、再度鼓膜切開をしたりします。
その後も改善ない場合には、抗生剤の種類変更をしたり、さらには、抗生剤の点滴で治療することを選択する場合もあります。

中耳炎は予防できるの?

鼻吸引、鼻洗浄は鼻咽腔の細菌叢を健全化し、耳管機能の改善を図ることができます。
鼻水の貯留は耳管の機能を悪化させ、中耳炎を引き起こす可能性があります。鼻吸引、鼻かみ、鼻の洗浄は中耳炎を予防する一つの手段であることが証明されています。

ただし、鼻の吸引だけのために毎日通院するのは、非常に大変ですよね。
そしてなによりも、毎日の通院は、お子さんの負担にもなってしまいます。

そこで必要になってくるのが、ご自宅でできる「ホームケア」です。
2~3歳くらいになると、ご自身で鼻をかむこともできるようになってきます。
初めのうちは、鼻が通りやすく、鼻水が柔らかくなっているお風呂で練習するとよいでしょう。お口をつまみ、鼻から息を出す練習をすると、次第に「鼻かみ」ができるようになってきます。

もっと小さいお子さんに関しては、鼻かみは非常に難しいので、ティッシュでこよりを作って、鼻水を取ってあげたり、市販の鼻水吸い取り器でとってあげたりするのもよいでしょう。

ただし、鼻水を吸う処置はやり過ぎてしまうと鼻の粘膜を傷つけてしまったり、お子さんの恐怖心を増大させてしまったりするリスクもありますので、必要に応じて、医師と相談の上行うとよいでしょう。

まずは治療の基礎知識を身につけることから!

急性中耳炎は経過観察と適切な治療をすることで、ほとんどの場合は完全に治ります。しかし治療を開始した場合、途中で中断してしまうと、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)、反復性中耳炎(はんぷくせいちゅうじえん)や慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)に移行してしまうことがあります。完全に治るまできちんと治療を受けたり、経過を観察することが重要です。

保護者の皆さんが中耳炎の診断、治療のことを知り、医師と一緒に推奨された適切な治療とホームケアを実践していくことで、子どもたちの健康を守ることにつながります。

関連するキーワード

白岡 亮平

キャップスクリニック 総院長
小児科専門医

新着一覧

最近公開された記事